多数国の対通貨相場を示す「ドルインデックス」

FX取引などで、外国為替市場の為替相場を利用した取引きを行っている場合、その通貨の価値について錯誤することがしばしばあります。
例えば米ドルと円での通貨ペアを利用して取引きを行っている際の米ドルは、ドル安の立場になっているのに対し、米ドルとユーロでの通貨ペアでの取引きについてはドル高の状態になっているという事は、よく見かける場面ではあり、各国の通貨をペアにして扱っている以上は当たり前の事ではあるのですが、ふとした瞬間に混乱を起こすこともあります。

FX取引の基本は、ある通貨を売ることである通貨を買う、もしくはある通貨を買うことである通貨を売る、という事を繰り返して行いながら、常時変動していくその為替差損益を求めていく事にあるため、先に挙げた例のような事もしばしば起こります。

先の例では、ようするにアメリカの通貨価値が日本の通貨価値に対して下がり、ユーロ圏の通貨価値がアメリカの通貨価値に対して下がっているという状況が起こり、先のような対円での米ドル安、対ユーロでの米ドル高、という構図が成り立つのです。

このように一つ一つの通貨ペアに対して精査し、それを整理立てて並べていく事で理解をしていく事ができますが、多数国の通貨に対して相場を持つ米ドルの現在の通貨そのものの、価格の流れや強さであるいわゆるトレンドは、なかなか見えてこないというのも事実であり、これを見極めやすく多数国の対通貨相場という形で表したものが「ドルインデックス」という、米度負の総合的な価値を表す指数になります。

このドルインデックスにはいくらかの種類がありますが、最も有名なのはインターコンチネンタル取引所(ICE)が出しているドルインデックスで、米ドルと大きな流通量を持っている通貨に対する相場を示しており、この指数の構成比率はそれぞれに、対ユーロが57.6%、対円が13.6%、対英ポンドが11.9%、対カナダドルが9.1%、対スウェーデンクローネが4.2%、対スイスフランが3.6%となっています。

このドルインデックスは、これらの六カ国の通貨に対して米ドルがどれだけの強さを持っているか、どれだけの弱さになっているか、を総合的に表す指数となっており、基軸通貨である米ドルの長期的な変動サイクルを確認する上では有効的な判断素材となります。

為替レートの変動は、一定のサイクルを繰り返しながら変動をしていく性質を持っているという考え方が一般的であり、ドルインデックスもこうしたサイクルの転換期を見極めることができるとされています。
もちろんすべてが必ずきれいに決まった数値に収まることはありませんが、その周期や変動の方向性などにはある程度の規則性があり、このドルインデックスをもちいると、米ドルのそうした周期を読み取ることができるため、ほかの通貨にもこの米ドルの動きが派生して伝わっていくその最初の転換期のポンイントを掴むことができれば、以降そこから連動していく各通貨の対米ドルの変動を読んでいくことができるのです。